美容・健康・栄養

美容・健康・栄養

ながいもに含まれている「レジスタントスターチ」とは?

「レジスタントスターチ」は、難消化性デンプンとも言われる糖質として大腸に届き、炭水化物でありながら食物繊維同様の働きをして、胃腸の調子を整えてくれます。 生のながいもは勿論のこと、冷えたごはん等にも含まれています。冷や飯のように一度、加熱されて糖化されたデンプンが冷まされて再結晶化することで、大腸まで届きやすくなります。 「レジスタントスターチ」には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の効果が含まれています。 「水溶性食物繊維」は、便を柔らかくしてくれる作用があり、「不溶性食物繊維」には、便の体積を増やしてくれる作用があります。ながいもを食べることで一度に両方を摂取することができます。 「レジスタントスターチ」の摂取においては、すりおろさないほうがより多く摂取できるとの研究結果も報告されています。効率よく「レジスタントスターチ」を摂取する場合には、生でカットしたものを食べるのがおすすめです。 参照:ながいもの調理形態と加熱処理温度によるレジスタントスターチ量の変化

「やませながいも」に関して、お気軽にお問い合せください。